自分に合った方法

このように、身体に外科的処置をほどこすために、脂肪吸引は美容外科でしか受けられない手術である。
高額にもなるが、日本の美容外科医は高度な技術を有しているため、安心して手術を任せることができる。

脂肪吸引には、様々な方法があるので、自分に合ったものを選ぶことができる。
医師と相談の上、セカンドオピニオンなども利用しながら施術を受ける医院を決定することができる。
ほとんどの場合が、脂肪を柔らかくし、管などで吸引する。
または注射器で吸引していく。
管などで吸引する場合は、バキュームなどを使い、一気に吸引していくので、施術が早く済む場合がある。
注射器で吸引する場合は、時間がかかる可能性が高いが、医師が美しく身体をつくり上げるためにこの方法を好むこともある。

脂肪を柔らかくする方法も様々あり、薬を服用・注射する場合、レーザーを当てる場合がある。
生理食塩水などを注入し、脂肪を柔らかくし、管で吸引していくのである。
これには麻酔薬や血管収縮剤が含まれているので、出血が少量で済むのである。
柔らかくすることで、吸引しやすくなり、スムーズに吸引できれば術後の表面もなだらかに形成できる。

管を差し込みたくない、という人のために、エステのように脂肪を流す方法もある。
この場合は大量に脂肪を吸引することができないため、長い期間がかかることもある。
自分に合った手術法を選ぶことができる。

体積が大きくなりやすい

脂肪吸引の目的は、脂肪細胞を減らしてしまうことでもある。

太ってしまう人は、脂肪細胞の体積が大きくなりやすい人でもある。
生活バランスの根本的な改善がなされていない、または太りやすい体質である人は、一旦ダイエットに成功したとしても、リバウンドしてしまう可能性が高い。
しかし、脂肪吸引を行えば、もともとの脂肪細胞が少なくなっているので、大きくなる脂肪細胞も少ないのである。
このため、リバウンドの可能性が低くなる。

美容外科に限らず、外科手術でもこの脂肪吸引は一般的に行われている。
心臓手術のように急を要する手術の場合、脂肪吸引が行われることがある。
手術の際は脂肪が臓器を圧迫し、外科医の手が入りにくくなってしまうので、余分な脂肪を取り去るために脂肪吸引を行うのである。
こうした脂肪吸引は見た目の美しさよりは手術のしやすさに重点を置くため、見た目の美しさは考慮されない。

美容外科の脂肪吸引では、見た目の美しさにも重点が置かれる。
脂肪をスムーズに、術後も美しく吸引するために、まず脂肪細胞を柔らかくする。
その後、管などで吸引を行うのである。
身体にメス、または管を入れるため、外科手術の知識が必要となっている。
また、脂肪吸引を行う医師には美容に関する高い意識が必要となってくる。
周囲の評判なども合わせながら施術してくれる医院を選びたいものである。

脂肪を減らすために

脂肪吸引手術では、身体の気になる部分の脂肪を吸引して身体から除去する美容外科である。

ダイエットには多くの場合、時間がかかってしまうことがデメリットとなっている。
食事制限、運動も、その目的は脂肪の大きさを減らすことである。
人が持っている脂肪細胞の数は万人が変わらない数を持っている。
では、人によって脂肪率が違うのはなぜかというと、脂肪の体積が多くなっているために、脂肪率が高くなってしまっているのである。
摂取カロリーを減らし、脂肪を燃焼させることで、脂肪の体積は小さくなり、これがダイエットに成功した、ということである。
脂肪の体積自体が減っておらず、筋肉量だけ減ってしまっては、脂肪を小さくしたことにならない。
過剰な摂取カロリー制限によって筋肉が減ってしまったのであれば、生活や健康に害が出る恐れがある。

こうした自体を防ぐのが、脂肪吸引手術でもある。